Column

券売機+オーダーシステムが新定番! スムーズな決済で店舗を活性化

ラーメン屋などの飲食店でおなじみの券売機。特に人手の少ない店舗で活用されていますが、店の業態や規模によって、券売機の導入には向き・不向きがあるのも事実です。導入する際は、券売機のメリットとデメリットを確認することが必要です。
一方で、券売機の進化系とも呼べるオーダーシステム機能を搭載した機種が注目を集めています。スマートな操作、電子マネー対応などの利便性に富み、低価格でありながら充実した機能をもつ機種も登場しています。
コロナ禍が長引く今、券売機は“非接触”の観点からもさらなる需要が見込まれます。券売機の導入・入れ替えは、オーダーシステム機能に着目して検討されることをおすすめします。

券売機の導入に向いている業態
券売機の導入が向いているのは、主としてラーメン屋、丼屋といった小規模な飲食業です。

店舗が狭く、座席数が少ない店はスタッフも少人数です。券売機があれば精算時にスタッフがレジに張り付く必要がなく、注文もお客様自身がメニューから選択するため、調理・ホールスタッフの業務に集中できます。券売機は、店舗の回転率をアップする頼もしい味方です。

券売機の導入に向いていない業態
反対に、券売機導入に向いていないのは、追加オーダーの多い居酒屋等の飲食業や、券売機までの距離が座席から遠い、あるいは通路が狭いケースです。お客様が座席から店舗入り口付近にある券売機まで移動するのは面倒であり、注文機会の損失にもつながりかねません。また、券売機は庶民的な店に設置されているイメージを持つ人が多いと考えられます。「高級感」「くつろぎ空間」といったブランディングを重視する店舗にも不向きといえるでしょう。

なお、券売機への移動の課題は、お客様のテーブルに設置するハンディ機タイプのオーダーシステムを導入することでクリアできます。

券売機の導入で生まれるメリット
券売機の導入のメリットを改めて確認しましょう。
・人手不足の解消…レジでの精算業務が不要となり、少人数のスタッフを必要な場所に配置できます。
・オーダーミスの減少…お客様に迷惑をかけずにすむだけでなく、売上損失、フードロスを防止できます。
・正確な売上管理…釣銭間違いなどの会計時のミスも削減できます。
・接触機会の減少による衛生管理の向上

券売機の導入で生まれるデメリット
一方、券売機の導入によるデメリットは次の通りです。
・機械ゆえの故障発生…通常のレジにも共通する課題ですが、可動部(部品数)が少ない機種を選択することで、故障の可能性を低くおさえられます。
・コミュニケーションの減少…コロナ禍の今、衛生面からみるとメリットともいえます。
・導入費用…近年は導入対象となる補助金の公募も多数あるため、活用するのが得策です。

券売機が作り出すスムーズなオーダーシステム
現金を投入する“アナログ”な券売機の進化形とも呼べるオーダーシステム。クレジットカード、QRコード、各種電子マネー等のキャッシュレス決済機能をはじめ、機種によっては地域マネー・ハウスマネー対応、クーポンによる割引対応など、さまざまな機能が搭載されています。メニュー変更時も手間がかからず、時間管理機能を活用すると、朝・昼・夜メニューを提示することも可能です。

オーダーシステムは、お客様にとっての使いやすさも大切です。見やすい画面レイアウト、スムーズな操作性(ボタン式/タッチパネル式)であるかどうかも導入の決め手になります。

さいごに
現金を投入する従来型の券売機は、さまざまな機能をもつオーダーシステム機能搭載の券売機へとシフトしています。メイン機能のキャッシュレス決済以外にも、クーポン対応、外国人客を想定した多言語機能、自動締めや集計機能など、豊富なバリエーションが展開されています。

まずは、券売機導入に適した業態であるかを確認し、店舗運営をバックアップする最適な機種を導入しましょう。

Contact

サービスお問い合わせ専用ダイヤル 0120-805-803
ユーザー専用ダイヤル 06-4800-5710

受付   9:30〜18:00(土・日・祝は除く)

安心のサポート体制

システムサービスだけではなく、カード製造から販売促進の支援など
幅広い分野でのサポート体制で、導入企業様の負担を軽減します。