失敗から学ぶ

失敗から学ぶ(1) 運用


(3) 還元率と特典供与回数



(4) 成功しやすい運用サンプル

客単価(飲食店の場合は客単価×卓人数で卓単価を計算)
来店頻度は年平均4~5回を想定 ※上得意客ではなく一般ミドル層にターゲットを合わせる

 よほど高頻度でなければ3~5回で満点ぐらいが理想的。
 還元単位は客単価以下とする。


平均客単価→× 現金支払額→○

(1) 「あともう少し!」が何度も起こる。
(2) 来店頻度が見込める
(3) 還元単位が小さいので現金を足して使われる。


「ポイントが呼び水となって新たな需要を引き起こす。」

戻る
次へ

 
お問い合せはお電話でも受け付けております。メールでのお問い合わせ